読めばわかる!オーソライズド・ジェネリック(AG|エージー)

みんなの意見を聞きました!

ジェネリックや、オーソライズド・ジェネリック(AG)について、どう思ってる?

最近、ますます身近になった感じのするジェネリック医薬品。オーソライズド・ジェネリック(AG)、という新しいジェネリック医薬品も登場したことについて、みんなはどう思っているのかを、調査しました。
(調査対象:過去1年間のうちになんらかの疾患で診療を受けた患者さま 543人)

ジェネリック医薬品を希望する人は60%以上。
自己負担を減らせることが主な理由です。

Q1.ジェネリック医薬品を希望しますか?

円グラフ

※ジェネリック医薬品使用経験者ベース(n=537)

Q2.ジェネリック医薬品について評価する点

棒グラフ

※ジェネリック医薬品使用経験者ベース(n=537)

※複数回答

ジェネリック医薬品を自ら希望すると答えた人が60%以上を占めます。

ジェネリック医薬品については「自己負担の軽減」になることを評価した人が圧倒的に85%と多く、次いで、「効果」(29%)、「先発医薬品と同じ形状、色、味など」(26%)を評価している、という結果になりました。

自己負担を軽減するという目的で、ジェネリック医薬品が一般的にかなり浸透していることが分かります。

オーソライズド・ジェネリックを希望している患者様は実に75%。
新薬との同一性や同等の効果が評価され、
今後、種類がもっと増えて欲しいと思っている人も70%を超えています。

Q3.あなたはオーソライズド・ジェネリックを
希望しますか?

円グラフ

※Q1でGEに対して「どちらでもよい」もしくは「希望しない」と回答した患者さま(n=199)

Q4.オーソライズド・ジェネリックについて
評価する点

棒グラフ

※最近1年間に何らかの疾患で診療を受けた患者さま(n=543)

※複数回答

オーソライズド・ジェネリックについての説明を受けたあと、オーソライズド・ジェネリックを希望すると答えた人は実に75%に上りました。先ほどのジェネリック医薬品を希望する割合からも高くなっています。

オーソライズド・ジェネリックを評価する点は自己負担の軽減(71%)に次いで、「先発医薬品との同一性」(55%)というオーソライズド・ジェネリックそのものの特徴に加え、「効果」(46%)「安心・安全」(45%)という項目も、一般的なジェネリック医薬品への評価内容よりさらに高くなっていることがわかります。

AGおさらいコラム

「ジェネリック医薬品」は、新薬(先発医薬品)の特許が切れたあとに厚生労働省の認可をうけて発売される、有効成分は新薬と同じで価格は安く抑えられたお薬です。
特許が切れた成分を使っているため、開発コストがかからないのが低価格の理由ですが、この「ジェネリック医薬品」では、その製造過程において、原薬、添加物・製法などは新薬とは異なる場合があります。

「オーソライズド・ジェネリック(AG)」は、新薬メーカーから許諾を得て製造された、有効成分だけでなく、新薬と同じ原薬、添加物・製法でつくられている「新薬と同一のジェネリック医薬品」です。
同一の成分にも関わらず、一般的なジェネリック医薬品と同様に価格は安く抑えられています。

表

※(1)同一でない場合もございます。

※(2)再審査とは、新薬の承認の数年後に行われる有効性や
安全性を確認する審査となります。

さらに詳しく知りたい方はこちら!<br />マンガでわかるAG

Q5.あなたはオーソライズド・ジェネリックの種類が
増えて欲しいと思いますか?

円グラフ

※最近1年間に何らかの疾患で診療を受けた患者さま(n=543)

さらに、オーソライズド・ジェネリックに対しては、今後ますます種類が増えて欲しいという人が73%という結果に。オーソライズド・ジェネリックへの期待の高さがうかがえます。

  • 出典:「AGに関する患者調査」
  • 調査対象:過去1年間のうちになんらかの疾患で診療を受けた患者さま 543人
  • 調査手法:インターネットによるアンケート調査
  • 調査時期:2017年3月
  • 調査機関:株式会社アンテリオ
第一三共エスファ株式会社 医療関係者のみなさまへ