「ジェネリック」って?

処方せんを持って薬局に行くと「ジェネリックにしますか?」と聞かれる機会も増えてきました。
ここではジェネリック医薬品について、簡単にご説明いたします。

処方せんを持って薬局に行くと「ジェネリックにしますか?」と聞かれる機会も増えてきました。ここではジェネリックについて、簡単にご説明いたします。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、 厚生労働省の認可を得て製造販売される、
新薬と同じ有効成分を含む医薬品です。

規定の試験により、厚生労働省の認可を得て、
その効果の同等性が認められています。

新薬(先発医薬品)の再審査期間、物質(成分)特許期間満了後、新薬と効き目が同等であることを証明する様々な試験、①規格試験(原薬・製剤の品質確保)、②安定性試験(加速・長期保存)、③生物学的同等性試験(溶出試験、ヒトBE試験)を実施し、厚生労働省の承認を得て製造・販売する医薬品のことです。

新薬と同じ有効成分のお薬です。また、新しい技術で、味や飲み易さ、使用感が改良されたものもあります。

新薬の発売後、数年から十数年経って開発されるジェネリック医薬品は、味の改良や小型化、またOD錠(服用後、速やかに溶ける)や、錠剤やシートの表示工夫等、新しい技術により、新薬より、飲み易さや飲み間違いを防ぐ工夫が行われているものも多くなっています。

ジェネリック医薬品は患者さんの自己負担軽減と
わが国の医療費の効率化にも繋がり、社会的にも期待されています。

新薬より低価格で、
患者さんの自己負担を軽減します。

新薬は研究開発投資が大きいこと、また発売後に一定期間有効性・安全性を評価するため、それらの費用を加味した価格が設定されています。
わが国では、昨今の急激な少子高齢化により、医療費を一層効率化し、現在の医療保険制度を維持するための施策として、ジェネリック医薬品の使用が推進されています。
薬剤処方時に、新薬とジェネリック医薬品のどちらを服用するかを医師・薬剤師に相談の上、患者さんご自身で選択することが可能です。

国の医療費負担増加により
ジェネリック医薬品の使用が推進されています。

医療費の大半は保険で賄われるわが国の制度

わが国の医療制度は「国民皆保険」と呼ばれるすべての国民が何らかの保険に加入している制度です。
患者さんが病院などの医療機関で診療した際には、医療費の全額ではなく一部を負担し、残りを健康保険組合や市区町村が支払います。これらの財源は被保険者の方々(国民全体)が、それぞれ加入している保険組合へ支払っている保険料と公費です。

医療費は年々増加しています

現在のわが国の医療費は年間で約40兆円。10年前と比較してもおよそ20%増加しています。医療費の中でも薬剤費はおよそ8兆円といわれており、ジェネリック医薬品はその医療費の削減に寄与すると言われています。

出典:平成26年9月10日 中医協資料 薬剤費資料

国民医療費の推移

出典:平成25年度 国民医療費の概況

日本は「これから」。
先進各国と比較するジェネリック医薬品のシェア

諸外国においても、医療費の効率化の施策の一つとして、ジェネリック医薬品の使用が推進されています。わが国のジェネリック医薬品の浸透率は、諸外国に比べて、まだそれほど高くありません。 政府は、今後のジェネリック医薬品の使用を加速させることを重点目標とし、2015年6月に「2017年央に70%以上、2018年度から2020年度末までの間のなるべく早い時期に80%以上とする」という新たな数値目標を掲げ取り組んでいます。

出典:厚生労働省 後発医薬品の市場シェア【新目標】

各国のジェネリック医薬品のシェア

*ジェネリック医薬品の数量シェア

第一三共エスファ株式会社 医療関係者のみなさまへ

お客様相談室

0120-100-601

フリーダイヤルがご利用いただけない場合

03-3548-2218

※受付時間 9:00〜17:30(土・日・祝日・弊社休日を除く)
※受付時間については年末・年始の期間中変更になる場合がございます
※お問い合わせの際は、番号をよくお確かめの上おかけください

お問い合わせフォーム