「ジェネリック」って?

処方せんを持って薬局に行くと「ジェネリックにしますか?」と聞かれる機会も増えてきました。
ここではジェネリック医薬品について、簡単にご説明いたします。

処方せんを持って薬局に行くと「ジェネリックにしますか?」と聞かれる機会も増えてきました。ここではジェネリック医薬品について、簡単にご説明いたします。

ジェネリック医薬品は
安全なの?

厚生労働省により
「新薬と同等」と認められています

ジェネリック医薬品は生物学的同等性試験等において、新薬と同等であると、国が認めたものです。
ただし、医薬品には新薬、ジェネリック医薬品にかかわらず、まれに副作用が発生することがあるのも事実です。医師や薬剤師としっかりコミュニケーションを図ることが大切です。

ジェネリック医薬品を選ぶ
メリットは?

お薬代を安くでき、
また国の財政負担軽減にもつながります

ジェネリック医薬品は新薬と同じ効き目・同じ有効成分を持ちながら、新薬開発コストを省ける分、お薬の価格を安く提供することができます。新薬に比べお薬代はおよそ3〜6割安くなると言われ、国の税金や保険料が負担する約8兆円の薬剤費の負担軽減にも寄与します。

ジェネリック医薬品は
どれも同じですか?

最近では、様々な工夫を施したジェネリック医薬品やオーソライズド・ジェネリック(AG)と呼ばれる先発メーカーが認定したジェネリック医薬品が登場しています。

効き目と安全性の決め手となる有効成分は同一でも、メーカー毎に味の改良や小型化、OD錠(服用後、速やかに溶ける錠剤)への変更、また錠剤やシートの表示工夫など、違いがあります。第一三共エスファでは、誤飲防止など、様々な工夫を凝らし付加価値を付けたジェネリック医薬品として、「プレミアムジェネリック」を販売しています。また最近では、「オーソライズド・ジェネリック(AG)」と呼ばれる先発メーカーが認定したジェネリック医薬品が登場しています。AGは原薬・添加物・製法までが新薬と同じですので、更に安心感が高いジェネリック医薬品です。

私が服用しているお薬に、
ジェネリック医薬品はありますか?

ジェネリック医薬品がある場合も多いので、医師・薬剤師に、一度相談してみてください。

現在、わが国において保険適用が認められている医薬品は、約17,000品目ありますが、その中でジェネリック医薬品は、約10,000品目あります。ご自身の服用しているお薬にジェネリック医薬品がない場合もありますので、かかりつけの医師・薬剤師にご相談ください。

第一三共エスファ株式会社 医療関係者のみなさまへ

お客様相談室

0120-100-601

フリーダイヤルがご利用いただけない場合

03-3548-2218

※受付時間 9:00〜17:30(土・日・祝日・弊社休日を除く)
※受付時間については年末・年始の期間中変更になる場合がございます
※お問い合わせの際は、番号をよくお確かめの上おかけください

お問い合わせフォーム