第一三共エスファ株式会社設立10周年
scroll
設立10周年のご挨拶
第一三共エスファは、2020年4月1日に設立10周年を迎えることができました。この節目を迎えることができたのは、ひとえに第一三共エスファを応援していただいた皆様に支えられてのことと心より感謝を申し上げます。
私たちは「誰もやらないなら、やってみよう。」のスピリットの下、ジェネリック医薬品が国民医療のスタンダードとなる将来を見据え、患者さんの安心に貢献するための挑戦を続けてまいりました。いち早く取り組んだ錠剤への両面印刷は、いまや業界の標準となりつつあります。また、一錠ごとのバーコード、製品の特徴をイメージしたシンボルマークなど、今後も率先して安心につながる新たな価値を生み出していく姿勢を続けてまいります。
医療技術は今後も進歩を続け、あらゆる病気に対する薬剤が開発されていくことでしょう。その一方で、医療の現場では、経済性の理由や服薬障害、副作用の苦しさを理由として、治療を断念する患者さんも依然として多くいらっしゃいます。そのような患者さんが1人でも多く治療に復帰することができ、少しでも長く元気でいられるよう、服薬アドヒアランスの向上を通して医療現場への一層の貢献を目指してまいります。
皆様に支えられたこの10年を忘れずに、この先の10年も患者さん目線での医療貢献に取り組んでまいります。今後も格別のご理解とご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。
Greetings from the 10th anniversary of establishment
第一三共エスファ株式会社
代表取締役社長 村川 健太郎