プライバシーポリシー 第一三共エスファ個人情報保護方針

第一三共エスファ株式会社(以下、当社といいます)では、第一三共グループ企業行動憲章および第一三共グループ個人行動原則を制定し、その具体的な実践のために第一三共コンプライアンス行動基準を定めております。この行動基準に従い、当社の取り扱う個人情報を、「個人情報の保護に関する法律」および「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(以下、番号法といいます)その他の関係法令ならびに個人情報保護委員会が定める「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」及び日本製薬団体連合会が定める「製薬企業における個人情報の適正な取扱いのためのガイドライン」等に基づき、以下の通り適正に管理します。

1.定義

個人情報

個人情報とは、(1) 生存する個人に関する情報であって、その情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と照合することで容易に特定の個人を識別することができるものを含む)および(2) 個人識別符号が含まれるものをいいます。なお、個人識別符号とは、当該情報単体から特定の個人を識別できるものとして個人情報の保護に関する法律施行令(平成15年政令第507号。以下、政令といいます)に定められた文字、番号、記号その他の符号をいいます。

要配慮個人情報

要配慮個人情報とは、本人の人種、信条、社会的身分、病歴、犯罪の経歴、犯罪により害を被った事実その他本人に対する不当な差別、偏見その他の不利益が生じないようにその取扱いに特に配慮を要するものとして政令で定める記述等が含まれる個人情報をいいます。

個人データ

個人データとは、個人情報データベース等を構成する個人情報をいいます。なお、個人情報データベース等とは、特定の個人情報を、コンピュータを用いて検索することができるように体系的に構成した個人情報を含む情報の集合体、または紙面で処理した個人情報を一定の規則に従って整理・分類し、特定の個人情報を容易に検索することができる状態に置いているものをいいます。

保有個人データ

保有個人データとは、個人データのうち、当社が開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止を行うことのできる権限を有するものをいいます。ただし、以下のいずれかに該当する個人データを除きます。

  • 当該個人データの存否が明らかになることにより、本人または第三者の生命、身体または財産に危害が及ぶおそれがあるもの
  • 当該個人データの存否が明らかになることにより、違法または不当な行為を助長し、または誘発するおそれがあるもの
  • 当該個人データの存否が明らかになることにより、国の安全が害されるおそれ、他国もしくは国際機関との信頼関係が損なわれるおそれ、または他国もしくは国際機関との交渉上不利益を被るおそれがあるもの
  • 当該個人データの存否が明らかになることにより、犯罪の予防、鎮圧または捜査その他の公共の安全と秩序の維持に支障が及ぶおそれがあるもの
  • 取得から6か月以内に消去することが決定されているもの

匿名加工情報

匿名加工情報とは、個人情報を個人情報の区分に応じて定められた措置を講じて特定の個人を識別することができないように加工して得られる個人に関する情報であって、当該個人情報を復元して特定の個人を再識別することができないようにしたものをいいます。

個人番号

個人番号とは、番号法第7条第1項または第2項の規定により、住民票コードを変換して得られる番号であって、当該住民票コードが記載された住民票に係る者を識別するために指定されるものをいいます。

特定個人情報

特定個人情報とは、個人番号(個人番号に対応し、当該個人番号に代わって用いられる番号、記号その他の符号であって、住民票コード以外のものを含む)をその内容に含む個人情報をいいます。

特定個人情報等

特定個人情報等とは、特定個人情報および個人番号をいいます。

2.個人情報の管理

個人情報の取得

当社は、適正かつ公正な手段により個人情報を取得します。また、個人情報の取得にあたって、あらかじめ利用目的を通知または公表します。なお、要配慮個人情報の取得にあたっては、法令で認められている場合を除き、あらかじめ本人の同意を取得します。

個人情報の利用

当社は、あらかじめ通知または公表した目的の達成に必要な範囲内で個人情報を取り扱います。

個人データ等の提供

当社は、原則としてご本人の同意を得た場合または法令で認められている場合を除き、要配慮個人情報および個人データを第三者に提供しません(特定個人情報等については、法令で認められている場合を除き、第三者に提供しません)。ただし、利用目的の達成に必要な範囲内で要配慮個人情報もしくは個人データまたは特定個人情報等の取扱いを第三者に委託する場合は、委託先を必要かつ適切な範囲で監督します。

個人データ等の管理

当社は、個人データおよび特定個人情報等を正確かつ最新の内容に保つよう努めるとともに、個人データおよび特定個人情報等ならびに匿名加工情報の漏えい・滅失または毀損の防止、安全管理のために、組織的・人的・物理的および技術的な安全管理措置を講じます。

保有個人データの開示・訂正・利用停止等

当社は、ご本人から保有個人データの開示・訂正または利用停止等を求められた場合、遅滞なく合理的な範囲で対応します。また、個人情報の取扱いについてご本人から苦情を受理した場合は、事実を調査した上で、誠意をもって対処するよう努めます。

特定個人情報等の廃棄

当社は、利用目的を達成した特定個人情報等については、できる限り速やかに廃棄または削除します。

3.当社の所属する認定個人情報保護団体

当社は、個人情報保護委員会の認定を受けた認定個人情報保護団体である「日本製薬団体連合会」の対象事業者です。
同会では、対象事業者の個人情報の取扱いに関する苦情・相談を以下の連絡先で受け付けております。

連絡先

日本製薬団体連合会 個人情報保護センター
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-4-18 昭和薬貿ビル内
電話番号 03-3270-1810
受付時間 10:00〜16:00(土日、祝日その他所定の休日を除く)

ホームページアドレス
http://www.fpmaj.gr.jp/

▶ 個人情報の利用目的について
▶ 開示等の請求等の手続方法

第一三共エスファ株式会社 医療関係者のみなさまへ

お客様相談室

0120-100-601

フリーダイヤルがご利用いただけない場合

03-3548-2218

※受付時間 9:00〜17:30(土・日・祝日・弊社休日を除く)
※受付時間については年末・年始の期間中変更になる場合がございます
※お問い合わせの際は、番号をよくお確かめの上おかけください

お問い合わせフォーム