第一三共エスファ株式会社

人を知る People

ジェネリックが担う
使命を感受し、
新たな歴史をつくる
人材を育む

営業マネージャー

古賀 照章

営業部長

SECTION 01

以前からエスファの将来性を評価していた

私は新卒で第一三共の前身会社に入社後、MRを経て卸担当のキャリアを重ねてきました。数年前、エスファのマネージャーのチャンスに恵まれた際は、心が躍るものがありました。なぜなら、当時の第一三共の卸担当として、エスファの社員と協働する機会が多く、マーケットへのアプローチ次第では急速な成長が可能であることを感じていたからです。例えば、卸様を巻き込んだ広範囲なプロモーションや、第一三共グループの力をうまく引き出す連携など、営業戦略に関するアイデアが具体的にイメージできました。そうしたプランの数々は、私の活動のベースとなって活かされています。

THE REASON THAT CHANGED ITS JOB

SECTION 02

人口の密集するエリアを統括

人口密集エリアの営業部長職を務める中、十数名の部下とともに、効果的・効率的な営業活動を意識しています。私のミッションは大きく分けて、部下の育成、卸様への働きかけ、第一三共との連携の3つです。部下の育成に関しては、お得意先への同行訪問などを通じて個々のMRに合った助言を行っています。卸様に関しては、当社製品の市場浸透策を展開し、高い成果に向けて協働しています。第一三共との連携では、MR間の情報共有を促し、講演会や説明会を第一三共と共催するなどして、第一三共グループとしての地域医療貢献にも努めています。

私が過去に培った人脈と信頼関係、諸々の経験や知見をフル回転させなければシェア拡大を導くなど到底できない、それほど大きな市場を預かっていると実感しています。

SECTION 03

高まるジェネリックへの使命感

過去、基本は先発品を扱いたいという雰囲気が医療機関などに感じられました。しかし、現在ではジェネリックの比率を高める国の目標が掲げられ、ジェネリックの取り扱いを増やす方向に風向きが変わってきています。その環境変化の中、近年エスファはプライマリー領域のみならず、オンコロジー領域などへ品目数を拡大し、急成長している最中です。

私自身、当初から、第一三共グループの品質基準をクリアしている当社製品は、医療関係者の方や患者さんのジェネリックに対する抵抗感を払拭できると思っていました。最近、抗がん剤AGを安価で提供したことで多くの患者さんの服薬の継続につながったと聞き、当社製品を扱う使命の大切さに、さらに身の引き締まる思いです。

THE WORK THAT I WORK ON NOW

SECTION 04

社会の期待に応えられる逸材を育てたい

今後、医薬品マーケットでは、難治性疾患には先発品の活躍が期待され、生活習慣病ではジェネリックが薬物治療のベースになり、双方の住み分けが進んでいくと考えています。また、プライマリー領域に比べて、ジェネリックの切り替えが進んでいないとされるオンコロジー領域は、AGが貢献できる領域かと思っています。

こうした高まる社会の期待に応え、当社の社員は使命感を抱いて医療に貢献していかなければなりません。その意味で私の最大のミッションは、未来のエスファを担える人材の育成です。医薬の新たな歴史をつくるという壮大な想いを胸に抱き、多忙であっても志を貫く社員を育てたいと考えています。

多くの患者さんを支援していくための様々なチャレンジに、一緒に挑んでいく仲間との出会いを楽しみにしています。

人を知る People

Entry

MR(キャリア採用) 安全管理(キャリア採用) 品質保証(キャリア採用)

当社WEBサイトでは、サイトの利便性向上のためクッキーを使用します。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用にご同意いただきますようお願いいたします。クッキーによって個人情報を取得することはありません。詳しくはこちら